新卒でもふるさと納税するべき

今回はふるさと納税の話です。
著者は入社1年目の時にふるさと納税をしておらず、2年目になってから始めました。
もったいないなーと思いましたので、ふるさと納税についてまとめます。

ふるさと納税とは

簡単にまとめると次のようになります。
・希望の自治体に納税できる制度。納税額に応じて返礼品が貰える。
・納税額-2000円が来年の住民税から引かれる(ワンストップ特例制度利用)
・ふるさと納税できる金額は所得・家族構成に応じて変わる

つまり実質2000円で様々な返礼品が貰える!!

返礼品の例には、次のようなものがあります。
実質2000円でもらえたら最高じゃないですか!!

住民税の支払いが2年目からなので、社会人1年目は対象じゃないと思い、筆者は利用していませんでした。しかし、ふるさと納税で住民税が控除されるタイミングは納税の翌年6月~というタイミングなので、社会人1年目の人でもふるさと納税で得することができます。

まとめ

今回はふるさと納税について簡単にまとめました。
学生や新卒のときからふるさと納税のように節税効果のあるものを調べておくべきと思います。
そうすることで、定年まででかなりの金額を節税することが出来ると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました