自分の市場価値を上げる方法

転職が一般的になってきた現代社会において、自分の市場価値を意識して高めていくことが人生を豊かに生きるために必要だと思います。もちろん、仕事に何を求めるかということ次第ですが…。

自分の市場価値を知り、高めるべき理由

私はサラリーマンならば自分の市場価値を知り、市場価値が高くなるように過ごすべきだと考えています。ただ業務をこなしていくだけでも、その仕事のスペシャリストとして経験を積むことはできますが、自分の将来的なキャリアについて考えると不十分かもしれません。

自分の上のポジションに空きがでない限り出世できませんし、会社の経営状況が悪くなり給料が大幅にカットされる可能性もあります。たとえ、就活で人気の大企業に勤めても、これらの問題から逃れることはできません。実際、大手メーカでは管理職のポジションが不足していたり、旅行会社では新型コロナの影響で大幅に減給されています。これらの問題に直面した際に、自分に市場価値が無いと、会社にしがみつくだけしかできず、不憫な思いをします。

自分の市場価値を高める方法

そもそも市場価値の判断基準は何でしょうか?私は年齢,能力・資格,経験だと思います。

年齢については、当然ながら若い方が価値が高いです。残念ながら自分でコントロールできるものではありません。しかし、能力・資格は自分でコントロールできますし、経験についてもある程度ならば自分でコントロールできます。特に資格については、法律で有資格者の配置が定められているものも少なくないので重要な要素となります。

会社で与えられた業務をただこなしているだけだと、会社にとっては必要な人材になれるかもしれませんが、社会的に価値のある人材になれるかは怪しいです。

どんな能力・資格,経験が必要とされるのか、数十年後の社会を見通すことは残念ながら難しいです。しかしながら、転職サイトの求人を見れば、今後数年について見通すことは容易です。何故ならば、求人情報には求める人材のスキルだけでなく、募集理由も書かれているからです。複数の企業の募集理由を読んでいくと、現在の社会ではどんな人材が不足しており、良い待遇で雇用してもらえるのかを把握できます。

以上のことから、自分の市場価値を高める方法は現在の会社に不満が無くても、転職サイトの情報を頻繁に見て、社会的に求められているスキルを知り、スキル獲得に向けて意欲的に行動することと考えます。

おわりに

今回は自分の市場価値を上げる方法について意見をまとめました。

私が所属部署に配属された直後、上司から会社に期待したらダメと言われたことを鮮明に覚えています。それがきっかけで会社に依存してはいけないという気持ちが強くなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました