メガーの使い方【絶縁抵抗】

今回は電気屋の必須道具の一つのメガーについて、自分の勉強も兼ねてまとめていきます。

メガーとは?絶縁抵抗とは?

メガー(絶縁抵抗計)とは、充電部と非充電部の絶縁抵抗を測定するものです。具体的な例だと、電気設備とアース間や電線間の絶縁抵抗を測定するものになります。

そもそも、絶縁抵抗とは電流が流れる電路における電路相互間及び電路と大地との間の絶縁性のことであり、一般的にMΩ単位で測定します。絶縁抵抗が低い場合には、漏電による火災や感電が発生するなどの恐れがあります。

絶縁抵抗は電気設備の施工時に測定して、問題が無いことを確認します。しかし、設備の経年劣化により絶縁抵抗は悪化していくため、絶縁抵抗の測定が必要になります。

メガーで使用する電圧の選び方・絶縁抵抗の良否判断基準

メガーで主に使用する測定電圧は以下のものになります。(JIS C1302)

測定電圧用途
125V100V系の配線・装置および制御・計装機器の絶縁測定に用いる。
250V200V系の配線・機器の絶縁測定に用いる。
500V500V:200V~600V未満の配線・機器の絶縁測定に用いる。

機器の定格電圧に応じて測定電圧を調整しなければ、設備の損傷につながります。

絶縁抵抗の良否判断は以下のようになります。(電気設備技術基準58条)

電路の電圧絶縁抵抗
300V以下の対地電圧150V以下0.1 MΩ以上
300V以下の対地電圧150V超過0.2 MΩ以上
300V超過0.4 MΩ以上

ただし新設時の絶縁抵抗値は 1MΩ以上が望ましいです。

メガーを使用するときの注意

メガーを測定する際に以下のことに注意する必要があります。

接地極が適切に接続されているか
接地極のクリップが接地線に適切に取り付けられていないと、絶縁抵抗を正しく測定することができず、絶縁不良を見逃してしまう恐れがあります。測定前後で必ずアース間で測定し、絶縁抵抗が0になることを確認しましょう。

充電部に電圧が印加されていないか
充電部に電圧が印加されている場合、絶縁抵抗を測定できません。必ず、上位のブレーカーやサーキットプロテクタ等で回路を開いておきましょう。

電気製品の絶縁抵抗測定
電気製品の絶縁抵抗は、対象機器の電源スイッチをONにして、電源プラグ間をショートして絶縁抵抗計のLINE側に接続します。そして、機器のアースに接地極を接続します。

高圧側の絶縁測定
低圧の絶縁性能は絶縁抵抗で評価しますが、高圧の絶縁性能は耐圧試験で評価します。(電気設備技術基準の解釈)

おわりに

今回はメガーについてまとめました。実務では頻繁にメガーを利用しますが、学生時代にメガーを触ったことがある人はほぼいないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました