低圧電気取扱業務特別教育【労働安全衛生法・電気工事】

今回は電気業界で働く人なら必ず経験する低圧電気取扱業務特別教育についてまとめます。

低圧電気取扱業務特別教育とは?

労働安全衛生法という労働者の安全と衛生についての基準を定めた法律があります。その労働安全衛生法において、危険な業務に従事するものに対して、安全に関する特別の教育を行うことを事業者に定めています。

労働安全衛生法に基づく省令の労働安全衛生規則に次のことが記載されています。

第三十六条 法第五十九条第三項の厚生労働省令で定める危険又は有害な業務は、次のとおりとする。

一~三は省略

四 高圧(直流にあつては七百五十ボルトを、交流にあつては六百ボルトを超え、七千ボルト以下である電圧をいう。以下同じ。)若しくは特別高圧(七千ボルトを超える電圧をいう。以下同じ。)の充電電路若しくは当該充電電路の支持物の敷設、点検、修理若しくは操作の業務、低圧(直流にあつては七百五十ボルト以下、交流にあつては六百ボルト以下である電圧をいう。以下同じ。)の充電電路(対地電圧が五十ボルト以下であるもの及び電信用のもの、電話用のもの等で感電による危害を生ずるおそれのないものを除く。)の敷設若しくは修理の業務(次号に掲げる業務を除く。)又は配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路(対地電圧が五十ボルト以下であるもの及び電信用のもの、電話用のもの等で感電による危害の生ずるおそれのないものを除く。)のうち充電部分が露出している開閉器の操作の業務

労働安全衛生規則より

低圧の充電電路敷設や修理なども危険な業務に定められており、電気業界に勤める人は高確率で受講する特別教育になります。また、電気屋さんじゃない人もかなり参加しています。

電気系資格取得による受講免除はありません。

低圧電気教育の内容

低圧電気教育の内容は学科と実技に分かれています。それぞれ7時間ずつ講習を行います。

学科で勉強する内容は以下の通りです。

  1. 低圧の電気に関する基礎知識 1時間
  2. 低圧の電気設備に関する基礎知識 2時間
  3. 低圧用の安全作業用具に関する基礎知識 1時間
  4. 低圧の活線作業及び活線近接作業の方法 2時間
  5. 関係法令 1時間

本教育は電気業界に就職してすぐの人や電気屋以外の人を対象にしているので、かなり基本的な内容から入るので特に事前に勉強する必要はありません。逆に電気工事士や電気主任技術者の資格を取得している人にとっては簡単すぎるかもしれません。

実技で勉強する内容は、低圧の活線作業及び活線接近作業の方法がメインとなります。講習を受ける場所によって詳しい内容は異なりそうです。私はコンセントの取り換えや漏電ブレーカーの取り換えなどの作業を行いました。

低圧電気取扱教育の注意

低圧電気取扱教育を修了しても、法的に何かできることが増えるわけではありません。ただ、修了証明のカードが貰えるだけです。電気工事士や電気主任技術者の資格とは全く関係ありません。

転職者で以前の会社で低圧電気取扱教育を受けた人は特別教育を省略できるようです。事業者の判断次第のようですが…。

おわりに

特別教育は非電気系の人にとっては、自身の身を守るために有益な教育だと思いました。分電盤内のブレーカーの入り切りくらいしかやらないにしても、触ると危険なところと危険じゃないところを知っておくのは非常に重要だと思います。

私の場合は電気主任技術者の資格を取得していたので、基本的にはおおよその部分を理解していたのですが、法律関係を全然知らなかったのでためになりました。また、講師の経験話もためになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました