『Sweet Home -俺と世界の絶望-』が面白い【Netflix・韓国ドラマ・ほぼネタバレ無し】

最近、『Sweet Home -俺と世界の絶望-』を見ていて面白いのでご紹介します。

「韓国ドラマっておばさんの見るもの」と思っていた認識が変わりました。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』とは?

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』はNetflix企画の韓国ドラマです。そのため、Netflixでしか視聴することはできません。

原作はキム・ガンビによる同名の漫画で、LINEマンガで読むことが出来ます。

ジャンルはミステリー・ホラーになります。

簡単なあらすじ
ある日突然、人間が残忍な怪物に姿を変えるようになります。その世界で、ある高層住宅に住む住民が怪物たちと戦う様子が描かれます。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』の感想

あまり怖くないがグロテスクな表現有り

予告編のサムネイルは怪物が映っているのでかなり怖いんじゃないかと思うかもしれませんが、そこまで怖いシーンはありません。前半はびっくりさせられるシーンもありますが、後半になるにつれて怪物の怖さが薄れていき、怖いというよりも笑える存在になります。

このドラマでは、刀で怪物を切ったり、怪物に刺されたり、グロテスクな表現がかなりあります。そのため、万人に進められるドラマではありません。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』予告編より引用

キャラが魅力的

舞台となる古びた高層住宅「グリーンホーム」に住む住人が個性的で面白いです。変人しかいません(笑)。

主人公の引きこもり、顔に傷のある暴力男、刀を操る国語教師のクリスチャン、バットで戦うバンド女子など…。個性的なキャラばかりです。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』予告編より引用

もちろん、怪物も個性的で面白いです。頭を切り落とされて目が見えない怪物、プロテインが欲しい怪物、クモ型怪物など…。若干シュールな感じです(笑)。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』予告編より引用
『Sweet Home -俺と世界の絶望-』予告編より引用

女の子がかわいい

バレー女子、バンド女子がかわいいです。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』予告編より引用
『Sweet Home -俺と世界の絶望-』紹介動画より引用

女の子が可愛いとそれだけでも見る理由になりますよね!笑

ストーリーが面白い

最初の怪物が出てくるまでは少しかったるい感じですが、どんどんと引き込まれていきます。私は1週間以内に全10話見終わりました。

主人公も実は直ぐに怪物化するなど、先が読めない展開で面白いです。10話のラストシーンはシーズン2を思わせるものでした。

『Sweet Home -俺と世界の絶望-』紹介動画より引用

音楽が良い

効果音やエンディングが良く話を盛り上げてくれます。

それだけでなく、挿入歌として使われているImagine Dragonsの Warriorsがめちゃくちゃかっこいいです。

おわりに

韓国ドラマなので、主人公たちが何と言っているのか全く分からないのが難点ですが、かなり面白いので、是非見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました