PLC(シーケンサ)とは何か?種類・使い方の解説

仕事

装置制御に使用されるPLCについて、自分の勉強ついでにまとめてみました。筆者はPLCのことを何も知らない状態で丸投げされて困りました。

PLC(シーケンサ)とは?

PLCはprogrammable logic controllerの略でシーケンサとも言います。PLCには入力端子と出力端子があり、あらかじめPLCに書き込んだプログラム通りに出力を変えて、装置が所望の動作をするように制御する機器になります。エアコンや全自動洗濯機などの家電製品やエレベータ等の業務製品など幅広い用途に用いられます。弊社の勤める化学メーカーの場合、集中制御システム外の単独で動く大型の装置の制御はほぼ100%の確率でPLCが利用されています。

三菱電機製PLC

PLCは従来のリレー回路の代替品として発明されたものであり、省スペースで簡単に制御機能を変えることが出来る制御装置になります。どのように装置を制御するかを決めるプログラムはラダー図と呼ばれるもので作成するので、C言語などのようにプログラミングの知識が不要で理解しやすいです。

PLCの主要なメーカーは?部品構成は?機能は?

PLCは三菱電機製、オムロン製、キーエンス製のものが多いです。特に三菱電機製のものをダントツで見ます。PLCはCPUユニット,電源ユニット,ベースユニット,入出力機能ユニットから構成されます。それらが全て一つになったパッケージタイプ、用途に合わせてくみ上げるビルディングタイプがあります。三菱電機のものでいうとパッケージタイプがFXシリーズ、ビルディングタイプがQシリーズになります。

PLCの入力機能と出力機能は取り付けるユニット次第で、デジタル入出力、アナログ入出力ができます。このため、様々なセンサの情報を取得したり、アクチュエーターを動作させたり可能なので、色々な装置をPLCで制御できます。単純に装置の制御だけではなく、Ethernet接続でPCにデータ保存したり、SDカードにデータ保存などもできます。プログラムの作成については、各メーカーごとにそれぞれ専用ソフトがあります。三菱電機だと「GX Works」になります。比較的新しいものだと、USBのミニBで接続できますが、古いものだと別の種類のケーブルで接続する必要があります。

おわりに

装置を扱う電気系のエンジニアならばほぼ100%触れることになるPLCですが、PLCのことを大学で学ばないので、PLCって何だろう?と戸惑う人も少なくないと思います。上司がしっかり教育してくれればよいですが、独学だと何を見ればよいのか分かりづらい装置です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました